スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : スポンサー広告 |

銃を持つ?持たない?

のっけから、ちょっとタイトルがきっつい!ですけど~

コレは今、私が真剣に悩んでいることなのです。

彼はもちろん、家に銃を置いて家族を守りたい派。

私は、ぜ~ったいに銃の所持は反対!!!430

場所はどこであれ、家に置くことさえ恐ろしい派。

今まで10回以上にわたって彼と議論を戦わせてきた問題。

当然のことながら、アメリカって銃社会ですよね。90

近所のスーパーで今日にでも登録すれば手に入るシステム。

購入&登録なんて簡単なもんです。

うちの近所は、比較的安全だと言われていますが~

先週は、ドラッグ関係のシューティング事件がありました。

アメリカに住んでいれば、都会だろうが田舎であろうが

イヤでも直面する、銃が関連した事件や問題。269

うちの彼に言わせると~

彼が出張で他州に行った場合、彼の留守中に私に

何かあったら心配・・・と私の安全のため、そして

せっかく買った家なんだから、自分達で守るのが当然!と。

Chokoタンはどう考えても”番犬”タイプではないし~

どっちかと言うと、彼女は犯人にペロペロ攻撃で近づくタイプ。

私たちは、家にセキュリティーシステムを取り付ける予定ですが

それも機械のすることなので、いつ何が起こるかわからない!

と、彼は銃を持つ気マンマンです。282

それが私には、どんだけ説明されても納得できない。

っていうか、銃の所持は本当に必要なコトなのか?

実は、銃が必要だと彼を思わせたのには

実際に起こったシューティング事件が関係しています。

2年前、NFLの選手がマイアミにある自宅で

ガールフレンドと1歳になる娘と就寝中に 

強盗犯に撃たれ、24歳の若さで亡くなったのです。

sean-wallpaper-470.jpg Sean Taylor(レッドスキンズ)

事件当夜は、セキュリティーシステムが作動しておらず

当時17歳だった犯人たちに、Seanは”なた”を振り回し

立ち向かったそうですが、犯人は彼の大腿部を撃ったため

彼は運悪く、大腿動脈を損傷して命を落としました。

だから、彼は銃が家にないと家族は守れない!と言い張ります。

私は、この話を聞いて恐ろしくなり

『17歳という子どもをいくら犯人とはいえ、銃で撃てない。』 

と言いましたが

”犯人に子どもも大人もない。犯罪は犯罪。撃たれて当然。”

コレが彼の自論。

大切な家族を守るため・・・って理由は理解できるけど

私には銃で守るってのは、な~んか違うような気がする。

実際、私が襲われたら犯人は銃を突きつけてくるでしょうが

自己防衛とはいえ、私にはやっぱり撃てないです。351

テーザーとか、防犯スプレーで充分だと思うんですけど?

銃を撃つ練習をしに、シューティング場に行こうよ~!

なんて何度も誘ってくる彼。

ありえないからねッ、アナタ。219

子どもが生まれたら、銃を買うのが当たり前よ・・・

とアメリカ人ママから聞いたこともあります。

それってど~なんだろう?! 

とりあえず、今は私の大反対にあって

銃の購入は保留中。一生保留にしたいけどー

彼の勢いを見ていると、そうもいかなさそうです。

アメリカで暮らしている人たちってど~しているんだろう?

ちなみに、私の姉はアメリカ人の夫と2人の小さい子どもと

4人暮らしですが、銃は持っていません。

必要ないそうです。。。 そりゃそうだ。

この論争…私たちの中でまだまだ続きそうな予感です~。トホホ

COMMENT : 17
TrackBack : 0

COMMENT

銃問題
こんにちは。

我が家は銃を持たない派です。家はそれほど治安が良い場所に住んでいませんが(でもボストンは全米でも深刻な犯罪の件数は少ない街なので)、銃は持っていません。

Emotional Intelligence という本の冒頭に「銃を持っていたある親が、親を驚かせようと家の中に隠れていた娘を強盗と間違えて射殺してしまった・・・」というエピソードがあって、確かこの本の著者は銃を所持していると判断を誤った時に取り返しが付かないことになるといったことを言っていた気がします。

それに発砲した側は正当防衛のつもりでも、状況によっては発砲した側が有罪になってしまったりすることも州によってはあるようなので(例えば犯人を背後から射撃した場合)、銃を所持していても後で非難されることにならないか微妙だと思います。

亡くなる確率からすれば、交通事故で巻き込まれてなくなる確率の方が強盗に入られて銃で撃たれて亡くなる確率より、はるかに高い気がするんですけどね。

お住まいの地域で強盗に入られる確率がどれくらいで、他の理由(交通事故や水遊びで溺れて亡くなってしまう人の件数)で人が亡くなる確率がどれくらいなのか、ちゃんと把握したら良いと思います。
2009/05/24(日) 20:02:27 | URL | elle #mQop/nM.[編集]
さすがアメリカって話題ですね・・・。
私のexの家にもありましたv-12彼は昔流れ弾が当たってお腹に傷跡が残ってましたv-12それを見るのも恐ろしかったです!!
でも、もし自分が身の危険に直面したら銃持っておくべきなのかな?とも思うけど多分それどころじゃなくて腰から力抜けて動けなくなって銃を持つ事すら出来なくなりそう・・・。
シューティング場なんて行けませんよね・・。
旦那さんこれはまだまだ保留という形でお願いします(なぜか私がお願いしてるlol)
2009/05/24(日) 20:50:28 | URL | かおり☆ #-[編集]
アメリカならでは・・・の問題ですね。
なんだか、家に銃が置いてあるというだけでも、緊張してしまいそうです。
私たち日本人にはなじみが無いから、なおさらですよね。
きっと、家にあったとしても、使えなさそうです。
旦那さんにも、もう少し理解してもらいたいなあ・・・
2009/05/25(月) 00:53:46 | URL | Lip #tZDc9YLU[編集]
おお・・・なんかアメリカ!な問題ですね。
日本に住んでると、銃なんて必要ない!って思うけど
アメリカに昔から住んでる彼からすれば、持って当然!なんでしょうね~。
色んな事件もあるし、難しいですね。

前の記事ですが、歯が抜けたんですね!オメデトウゴザイマス!
歯、生えてたんじゃ無いですか!
コレクションして下さいね~!
2009/05/25(月) 05:49:38 | URL | ぼりょ父 #CGSys/Bo[編集]
うちも反対派ですね~。おもちゃでさえも嫌です。もし将来男の子も子供ができても、絶対に銃のおもちゃは買い与えません!!

幸い旦那はそんなに銃にこだわってなさそうなのでそんなに真剣に話し合うことはないのですが、友達が銃を持っていて(でも弾は入ってない)撃つ真似をしたりして遊んでますが、弾が入ってなくても自分の家には絶対欲しくありません。どうしても撃ちたい時には射撃場に行けと言ってあります。

家族を守るためっていうのもわかりますが、小さい子供が誤って撃って自分や兄弟の命を落としたりとかっていう事件もよくありますよね。守るべき銃で家族が亡くなったりしたら???

日本人だからなのかな~。相当抵抗があります。NL Cool K さん、頑張ってご主人を説得してください!!(笑)
2009/05/25(月) 14:17:50 | URL | Kimmy #XTo620sI[編集]
☆elleさんへ☆
elleさん、こんばんは。
貴重なご意見、本当にありがとうございます!!
読まれた本に書いてあった娘さんの話ですが・・・簡単に起こり得るし
非常に恐ろしいことだと思います。後悔しても後悔しきれない状況を
作り出さないためにも、銃の所持は断固として私も反対です。

今まで彼と話し合ってきた中で、私は反対するための正確な十分な情報や
彼を説得させる根拠もなかった気がします。交通事故での死亡率や
強盗の発生率・・・今度住むことになる街の治安状況をしっかり把握し
私なりに調査した上で、再び彼と話し合おうと思っています。

銃については、育った環境や周りの大人たちの考え方も影響するのかな?
とも感じていて、彼の場合は、保守的な人の多い南部の街で(ココは大統領選
でマケイン氏を選んだような州ですから~)当たり前のように銃を持って
家族を守ってきたという叔父さん家族に育てられたため、そういったことも
彼の銃への考え方が関係していると思っています。

それから、背後から撃った場合は、正当防衛でも法廷で負けてしまうという話
を聞いたことがあります。それもあって、とても銃の所持に賛成できません。
これからまだ時間はあるので彼とじっくり話し合う予定です。
elleさんのご意見、とっても参考になりました。ありがとうございます!!
2009/05/25(月) 17:23:59 | URL | NL Cool K #-[編集]
☆かおりさんへ☆
いやいや、ほんとにアメリカに住んでいるからこそ・・・の悩みです。
銃のコトなんて考えたコトもなかったので、正直戸惑っております~。
えぇ?Exは銃の傷跡が?ヒー。私は本物の銃さえ見たことないよ。怖いしっ!
確かに、家に銃のあることが当然な家で育つとそんなこと普通にあるんだよねぇ。
私もかおりさんと同じことを彼に伝えましたよっ!もしも襲われた時は、恐怖で
銃を撃つどころじゃなくなる!って。そのためにも練習!だそーですよ。意味不明。
かおりさんからもお願いしてもらいたいくらいよー。私の意見はどうも説得力ナシで。
とりあえず、しばらくは保留です。銃は買いに行かせませんよ~っ!プンプン!
2009/05/25(月) 17:31:30 | URL | NL Cool K #-[編集]
☆Lipさんへ☆
ほんとにそうですね。アメリカでは避けられない問題ですもんねー。
そうなんです。銃が家にあるってだけで私は落ち着くことができないです。
日本とアメリカで育った環境の違いかなぁ?カルチャーショックです。
彼とはこれからもゆっくり話し合いをしてみようと思っています。
お互いの納得がいく結論を出せたらいいなーって願っていますが。。。
2009/05/25(月) 17:36:55 | URL | NL Cool K #-[編集]
☆ぼりょ父さんへ☆
アメリカらしくて、危ない話でしょう?怖い国ですよ、ココ。とほほ。
日本はやっぱり平和だなぁ~って、子どもを育てるには一番だよなぁ~
って、最近つくづく思います。彼はただ家族を守りたいって思いなので
理解はできるんです。確かに銃の絡んだ凶悪な事件が多いのがこの国ですし。
なんだかなぁ~って考えさせられます。気持ちは複雑なんですよねー、実際。

おぉっ!どうもありがとうございます!!とうとう抜けました、うちも。ウフ。
なんかねぇ、歯は生えてたみたい。笑。そうか、コレが乳歯なのねっ!OK!
これからは乳歯コレクションで忙しくなりますよ~、ワタクシ。楽しみだわッ。
2009/05/25(月) 17:45:42 | URL | NL Cool K #-[編集]
☆Kimmyさんへ☆
そうか~、Kimmyさんも反対派?わかる!私もオモチャも絶対買いません派。
我が子には、暴力的なアニメ&オモチャは一切許しませんよ~、私。プンプン!

お友達でも撃つ真似とかしてるの?それもイヤだよね~。そうなんですよ!
銃の存在だけでね、ブルブル・・・って怖いし、許せないのですよ。

子どもが間違えて自分や他人を撃つ事件・・・後を絶たないですよね、この国。
だからこそ大反対!って彼にもガツン!と言ってやったのですが、彼は
『子どもには、家に銃があることを知らせない。教える必要もない。』だって。
そういう問題じゃないんですけど?って。子どものすることは予測不可能だし
銃を見つけたら好奇心で遊ぶのが子ども。だから恐ろしいんですよねー。

確かに、私は日本人だから強い抵抗があるとは思いますけども~
今後もがんばって彼を説得しますよ~!!負けないワッ!!燃。
2009/05/25(月) 17:55:02 | URL | NL Cool K #-[編集]
はいさい!
久しぶりのコメントです。

私も旦那と銃を「持つ」「持たない」
の話をした事があるさー。
私も同じくノー!ダメ!必要ない!
と、反対。
で、旦那はイエス!必要だ!
家族を守るためには必要だ!
と、平行線の会話だったさー。
今、銃の購入は保留中です。
最近はこの話をしていないので、
旦那は忘れているはず!?

ほんとこれは難しい問題だよね。
ニュースで事件を観るたんびに、
アメリカではやっぱり銃は必要かな・・・
と思ってしまったり、
だけどやっぱり必要ないと思ったり・・・

2009/05/25(月) 18:05:26 | URL | ばんしるー #kHcHe/ds[編集]
☆ばんしるーさんへ☆
こんばんは、ばんしるーさん!!コメントありがとうです☆
ばんしるーさんのHusさんも賛成派?ちょっとホッとしたりして~。
うちの彼が一人だけクレイジーなのか?!と心配しておりました。汗。
そうですよねぇ、子どもさんがいると男親は守りたい!との気持ちが
強くなるようですね。以前、カリフォルニア州でかなり安全な街に住んでいた
アメリカ人男性は、子どもが3人生まれたと同時に銃を購入したと話していました。
それが当たり前でしょ?と言われましたよ~。
確かになるほどなぁ~なんだけど、やっぱり私は怖いです。

ばんしるーさんちは、必要ないよ~!っで保留中なんですね~。
うちもこのまま保留中で忘れて欲しいです~。忘れたかな?と思ったらー
ふとした瞬間に思い出すみたいで、たびたび銃の話になる私たちです。

確かに、怖い事件や変な人の多いアメリカ。我が子は自分で守らねば!
って思わずにはいられない事件もしょっちゅう起こってますよねぇ。
だからこそ、この銃問題については複雑な気持ちです。
やっぱり日本が安全で住みやすい国ですよねー。
銃を心配する必要はないし、夫婦で喧嘩する必要もない・・・。平和だなぁ。
2009/05/25(月) 18:20:42 | URL | NL Cool K #-[編集]
負のスパイラル
おじゃまします。
スキンズのショーン・テイラーの事件は衝撃でした。いい選手だったので残念だったです。
でもいつも事件が起こるたびに思うのですが、アメリカ人(の大多数は)その17歳の子供に銃を持たせない方法を考えることはしないんですね。銃が蔓延すると事件が増えるから怖さも増える負のスパイラルだと思うのです。
乱射事件の時もそう。原因対策ではなく結果対策をする。教師が銃を持つとか。国の成り立ちのせいかも知れませんが、思ってるよりペシミストな国民性なんでしょうか。
反対を貫いてとは無責任に言えませんがご主人の意見が少しでも変わるといいですね。
2009/05/26(火) 06:52:05 | URL | masumi #tHX44QXM[編集]
☆masumiさんへ☆
masumiさん、はじめましてv-22
とっても参考になるご意見ありがとうございます!嬉しいです~。
Seanのコトを知ってらっしゃるとは・・・カナリのNFLファンですねっ!ムフ。
彼は将来有望な選手だったし、すばらしいパパだったので残念でなりません。

おっしゃる通りで、アメリカは常に”結果対策”です。何が原因だったのか?
どうやったら今後同じ事件を繰り返さないように防止できるのか?を考える前に
”安全”を違う方向で解決させようとしている気がします。特に、犯罪の低年齢化
も問題ですし、希薄な家族関係の中でこういった事件は増える一方で
本当の意味での安全は銃なんかで守れるわけはないんですよね~。
個人的には、アメリカの子どもたちの教育や家族関係に問題があると思ってます。
彼とは、いろんな情報を集めた後にじっくり話し合いの場を持とうと考えてますヨ。

masumiさんのブログにおじゃましたのですが。。。NFLかなり詳しいですねっ!
女性で好きな人を始めて知りましたー。また遊びに行きますね~っe-454
2009/05/26(火) 22:19:35 | URL | NL Cool K #-[編集]
うーん・・・難しい
私も基本的には反対っていうか反対です。でもT.I.もready for whateverの曲の中で、彼の拳銃問題、Sean Taylorの件について語ってますよね。レッドスキンズのホームなのですごい話題になってました。今でもです。クリス・ロックのスタンドコメディーで、「拳銃の弾を一弾5000ドルとかにすればいい。そうすれば発砲する前に、こいつを殺す事は5000ドルの価値があるか考えるだろうし、殺人事件が起こっても、犯人は弾を取りに現場に戻ってくる」といってました。爆笑したんですが、それだけ深刻な問題だけに後味の悪い笑いでしたね。
2009/05/28(木) 13:12:47 | URL | CeeCee #8z2ljj62[編集]
☆Cee Ceeさんへ☆
難しい問題ですよねぇ~。今でもSeanのコトは語られているんですねー。
あの悲劇・・・本当に残念でたまりません。
クリスロックはそんなコトをコメディーで話してたんですね。さすが、クリス!
確かに、彼の言ってるコトも理解できますよね。銃の購入は簡単すぎますから。
歴史的に見ても、アメリカで銃所持を廃止するのは不可能でしょうから~
うちの家だけでは許したくないなぁって思ってます。
彼はなんと答えるか?ですが・・・。私の考えは絶対に変わりませんよ~ッ!!
2009/05/28(木) 17:44:15 | URL | NL Cool K #-[編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/05/29(金) 17:04:08 | | #[編集]

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

NL Cool K

Author:NL Cool K
私☆アメリカでRN(正看護師)を目指して勉強中の30代。今年こそテストに合格し、ナースとして働きたい!孤高のB型。

夫☆ドラッグ(リーガルですっ!)を売って歩く歴7年の30代、Black AmericanのBlueくん。家族と友達を愛する男。

犬☆2008年12月23日生まれ、ボストンテリアのChoko(チョコ)ちゃん。ケンタッキー州・Glasgow出身の女子。


愛犬☆Chokoちゃん

©PETAPPA


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新記事


カテゴリ

はじめまして (1)
アメリカ生活 (37)
私の家族 (10)
お友達 (6)
お勉強 (2)
お仕事 (2)
Blueくんとの恋愛 (15)
Blueくんとの結婚 (22)
Blue家の愛犬・Chokoちゃん (60)
私たちのお家 (10)
Music (6)
Football (4)
映画 (4)
本 (2)
カフェ&レストラン (4)
日本のコト (2)
ビューティー系 (1)
独り言 (23)
未分類 (4)


コメント


月別アーカイブ


人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言


天気予報


リンク

このブログをリンクに追加する


私のブログへようこそ~

☆いつもありがとうございます☆


B型のMotto


検索フォーム


肥満度チェック~

BMI・肥満度チェッカー


メイルはこちらへどうぞ~

名前:
メール:
件名:
本文:

↑終わったら”確認”ボタンをおしてネ!


Copyright © Puppet RN All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。